健診の代行サービスを活用するメリット

企業において、社員の健康管理は業務の一環となっています。健康管理の中心を担うのが健康診断ですが、一斉に健診を行うと時間がかかるため業務が滞ってしまいますし、個人に任せてしまうと、健診の受け忘れの催促や費用の取りまとめといった細かな業務に担当者が翻弄されてしまいます。また、近年はストレスチェックなどの実施もあり、社員1人1人が受ける健診の内容は多様化しているため、社員自身も何の健診をどこで受けたらよいのか把握しきれないこともあります。このような健診の担当者と受診者にかかる負荷をなくし、滞りなく健診を行えるようにする手段として、健診の代行サービスが近年注目を浴びています。今回は、健診の代行サービスが主に何をしてくれるのかという内容と、利用するメリットについて説明します。

健診の代行サービスは何をしてくれるのか

健診の代行サービスには業者によってそれぞれ多くのサービスを用意していますが、一般的なものとしては、健診結果の取りまとめと企業、個人へのフィードバック、健診費用をまとめ、保険機関に清算の代行、健診を実施してくれる医療機関の契約が挙げられます。医療機関が多岐にわたる場合、データの様式が医療機関によって異なるため取りまとめも煩雑になりますが、健診の代行サービスを利用することで統一された様式になります。医療機関についても、社員の自宅近くなどに設定することで受診率を向上させることもできます。その他にも、代行サービスの業者によっては未受診者への催促、出張健診の手配などを行ってくれるところもあります。企業によって何が必要なのか検討しながらサービスを組み合わせると良いでしょう。

健診の代行サービスを利用するメリット

健診の代行サービスを利用することで、企業だけでなく受診する社員にも多くのメリットがあげられます。健診にかかる煩雑な事務手続きを全て代行してもらえることはもちろん、受診後の料金の精算やデータの取りまとめを行ってもらうことで、社員のデータの推移を把握しやすくなります。また、データの様式が統一されることで、部署ごと、勤務体系ごとといった様々な枠組みで健康状態の把握をすることも簡単になります。受診者も、受診の催促をしてもらえるだけでなく、代行サービスの業者によってはより受診しやすいように自宅近くの医療機関を紹介してくれるところもあります。このように、健診の代行サービスを利用することで様々なメリットが得られるのです。受診率の向上を目指している方や、事務手続きの煩雑さを解消したい方は、人員見直しに合わせて健診の代行サービスの利用を検討してみると良いでしょう。