様々なところに設置される垂れ幕

垂れ幕は様々なところに設置されています。かなり便利なものもあるのですが、場所によっては設置をすることによって視界に影響が出てしまうこともあるので、充分に注意をしなければいけません。中には強化月間の時に歩道橋などに設置をするというところもあります。歩道橋でも邪魔にならないように設置をするということがあるので、場所を考えておく必要がありますし、交通関連であれば目立たなければいけませんが、気を反らせるようなことがあってはいけないということも考えた上で設置をしなければいけないということがあるのです。どういうところに設置をするのがベストなのか、考慮をしなければいけないということもあるのです。またデザインやカラーに関しても配慮が必要となってくることがあるので、充分に注意をして作成をすることを考えると良いです。

垂れ幕の利用用途について

垂れ幕と一言で申し上げましても、実は、様々なものがございます。ここではいくつかその利用用途をご紹介していければと思っております。ご参考程度にお目通しいただけますと幸いでございます。早速ですが、まず、デパートなどの壁面に吊るされる垂れ幕がございます。みなさまも一度はご覧になった経験がお有りではないでしょうか。主に、その時にやっている催事・フェアに関する告知や営業時間などの案内などが書かれたものが多くなっています。広告ですので、カラーはひときわ目立つイエローやレッドなどが用いられることが多いようです。次に、垂れ幕は学校や市役所の壁面などにも吊るされることがございます。これは、その学校のスポーツ選手や地域のチーム・団体などが、全国大会や県大会などに出場を決めたりした場合などに、応援のため作成されます。一般的には白地にシンプルな形でテキストが入れられるようです。

垂れ幕のカラーリングについて

「垂れ幕」と聞いたとき、みなさんはどういったものをご想像されるでしょうか。今回は広告としての垂れ幕と、応援用としての垂れ幕においてのカラーリングについて考えてみたいと思っております。ご参考までにお目通しいただけますと幸いでございます。早速ではございますが、まず、デパートなどの壁面に広告として吊るされるものから一般的なカラーをご紹介します。こういった利用用途では、まず「目立つ」ことが重要視されます。そのため、波長がながく、自然界でも警戒色とされ注意喚起効果のある赤色を利用されることが多いようです。次に、学校や役所の壁面に応援用として吊るされるものの一般的なカラーについてです。こちらは白地にシンプルに黒文字を書き入れたものが主流です。「祝」や「全国大会出場」などの際立たせたいフレーズだけ赤色を使うこともあるようです。