最近の健診の代行サービスの傾向と特徴を紹介

健診の代行サービスとは、会社の組織や事業主、共済組合向けに健診の際に必要な事務業務を代行したり、検査の結果をデータ化して健康対策をサポートするサービスです。この代行サービスを利用することで担当者の日常業務に集中させることができ、病院などの医療機関や健保などの対応もスムーズに出来ます。健康診断の案内や健診の日程変更、未受診者や受診者の管理を、リマインドメール機能を利用して受診を促し、未受診者を減らすことが出来ます。健診結果の回収や精算を代行する事で時間短縮できることにより、労務の管理コストの低減につながります。最近では労働者の体調だけではなく、メンタル管理も充実して会社員のあらゆる不調など対応出来るようになってきています。様々な特徴のある幅広い代行サービスがあります。

生産性を上げコストカットを、健診の代行サービスで

最近よく耳にする働き方改革により、働きやすい職場環境改善のための一つ、職員の健康管理を積極的に行うと良いでしょう。会社の業績アップに繋がると同時に仕事の効率をはかるために健診の代行サービスを利用する企業が増えて来ました。ただ、日常業務をしながら担当者が定期検診などの管理をするとなるとスケジュール管理や検査結果データ管理までこなすのは難しくなってきます。そのため代行サービスを利用する会社が増えてきました。健診業務を代行サービスに任せる事で社員の仕事の負担が減り、残業時間軽減にもつながります。残業が減る事でコストカットになります。そして、健診率を上げ社員の健康対策がより見える化し福利厚生をアウトソーシングする事によって、生産性の向上で会社全体の活気が良い人材確保につながります。

健診の代行サービスで従業員、企業など情報管理や健診のデータ化

健診の代行サービスができる最大の特徴の一つとして会社の従業員、健保、病院機関などをすべて窓口となって健診のスケジュール調整、手配、問い合わせ等を可能にするデータ管理を行います。データ化する事で受診促進を促すための提案や、健康管理のためのセミナー情報交換、健康診断の結果による指導実施など行っています。また、過去のデータから算出した健診結果予測データを用いることで将来の検査値を予測することも可能になります。1年後2年後と予測値をグラフ表示するので今後の健康状態をイメージする事で従業員の健康に対する意識が高まります。運動、食事、飲酒、睡眠など見直すと予測値がどのように変わるかもシュミレーション出来ますので生活習慣それにより病気の早期発見、適切な治療、予防につながります。