健診の代行サービスの導入で出来ることとは

企業が従業員に健康診断を受診させる事が義務付けられていますが、健診のための業務は色々とあり、通常業務との併用はなかなか難しいという課題が出てきます。健診の代行サービスを使うことで健診における一連の業務を一括して代行してくれますの、負担を減らすことができます。主なサービスとして企業側には、未受診の従業員を簡単に抽出することでき、受診を促すことができるようになります。受診後の労働基準監督署への報告も簡単になりますし、補助金の申請や請求、精算などの代行もしてくれます。医療機関との予約も調整をする必要がなくなります。従業員側には、自分の都合に合わせた予約ができるようになり、受診券も簡単に出すことができます。健診結果をオンラインで確認することができ、経年で比較することもできます。代行サービスを導入することで、企業側にも、従業員側にもメリットがうまれ、負担を減らし、健康診断の受診率を上げてくれます。

健診の代行サービス導入で企業側へのメリットをとは

健診の代行サービスを導入することで、企業側には、様々なメリットがあります。従業員の受診状況を一括で管理することができるので、未受診者の抽出が簡単にでき、受診を促すためのメールの発信などが簡単にできるようになります。健診後には労働基準監督署への報告が必要になりますが、必要なデータはインターネットなどを使うことで簡単に出力することができるので、時間と労力を大幅に節約する事ができます。受診における補助の申請や請求、精算なども代行してくれます。健診システムを使って従業員自信で医療機関と予約の調整を行うので、健診を受ける医療機関を決めたり、日程を調整することは企業側では必要なくなり、負担を減らすことができます。健診のサービス代行で色々な業務の作業負担を減らすことができます。

健診の代行サービス導入で従業員側へのメリットとは

健診の代行サービスの導入で従業員側へのメリットとしては、自分のスケージュルや住んでいる場所などに合わせて予約ができるようになり、二度手間がなくなるので、通常の業務への支障がなくなります。健診を受ける際には受診券などが必要になりますが、インターネットなどを使って簡単に発行することができますし、必要となるキットなども簡単に手に入れることができるので、手間がかかりません。健診のデータは簡単に確認することができますし、過去のデータとの比較をすることも簡単にできます。インターネット上での管理が多いので、簡単にアクセスできますし、書類を保存しておく必要はありません。経年のデータを確認することができるので比較することも簡単にできます。健診の代行サービスを導入することで、企業側や従業員側両方へ色々なメリットうまれ、戦力的健康管理をすることができます。