企業が代行サービスによる健診を取り入れる利点と効果

会社は健康診断を避けて通れません。労働安全衛生法によると「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」 と規定されています。つまり、会社は社員に対して健康診断を受けさせなければいけません。怠ると「法律違反」になり罰金50万円が課せられる場合があります。社員は自身の意思に関係なく健康診断を受けなければいけません。受けなければこれも「法律違反」になります。しかし、会社は必要性を認めつつも本音はできるだけ手間暇はかけたくない仕事です。社員の方も健康診断の必要性は認識していても後回しにして会社から催促されることが多いのも事実です。最近、多くの生命保険会社は健康診断を元に保険料の割引を実施する商品を販売しています。健康診断を社員の健康維持や資産形成と一緒に考える時代に入りました。健診の代行サービスがこれらの問題を解決してくれます。

会社にとって魅力たっぷりの健診代行サービス

従業員50人以上の会社では健康診断の結果を労働基準監督署に提出しなければいけません。また健康診断の結果を5年分は保管しなければいけません。医療機関の予約だけでも大変な作業になります。健診の結果を社員に文書で送付し、2次検査の必要な社員へのサポートや指導を行う必要があります。これらを社員が行うと担当者はかなりの時間を健康診断に費やすことになります。健康診断は決して会社にとって「本業」ではありません。健診代行サービスはこれら本業以外の仕事をアウトソーシングします。代行サービスを実施する会社は健康診断が「本業」です。是非プロに任せましょう!医療機関の予約、健康診断書の作成、保管、2次検査や健康に関するコンサルティングなど「健康」に関する全ての業務を代行してくれます。

代行サービスにおける業者選びのポイントを紹介します

健診代行サービスにおける業者選びで大事なポイントは3点です。まず大事なポイントはコンサルティング力です。健康に関する豊富な知識と経験がある業者を選びましょう。高い実績の業者であればたくさんのデータがありそれを元に適切なアドバイスが可能です。例えば血圧が高い方がいたとしてその原因や対処方法、予防するためのアドバイスなど実際に聞いてみるのもよい方法です。2つめは医療機関とのネットワークです。全国の医療機関とネットワークがあること。その医療機関の数が1000以上であることが重要です。ネットワークの数が多いと社員にとってもよい選択ができます。例えば、休日に健康診断ができる医療機関や早朝や遅い時間に健康診断が可能な医療機関が選できると便利です。3つ目は清算代行です。会社は代行業者とアウトソーシングの契約を結び社員が窓口で極力清算をしないようにします。お金の流れがスマートな業者を選びましょう。